船を運転するためには必要

試験に受かるための勉強法

船

仕事の関係や自分のプライベートな趣味として、船舶の免許を取得したいと希望する人も少なくないです。
海等の複数の船舶が行き来する場において船舶の運転を希望する場合には、定められた免許を持っている必要があります。
船舶の運転はただ単に船舶を操縦出来れば良いというわけではなく、航行するためのルール等も身に付けなくてはなりません。
こうした運転技術やルール等を身に付けている事を確認するために、船舶免許の取得が義務となっているのです。
国家資格である船舶免許の試験は筆記と実技があるので、独学で船舶免許の取得を目指すのは難しいと言えます。
そのため専門のスクールに通って知識や技術を身に付けて、国家試験に挑むという方法を取る人が少なくないです。
またスクールに通う以外にも専用の教習所に通うという方法もあり、この場合には最後の修了試験に合格すれば国家試験が免除となります。
どういった方法で免許の取得を目指すかについては、それぞれの人の都合に合わせて選ぶ事が出来ます。
ちなみに船舶免許には数多くの種類がありますが、それぞれで運転出来る船舶の種類が異なってきます。
自分が運転したいと思う船舶をあらかじめ確認して、それに合わせた免許の取得を目指す必要が出てきます。
もちろん免許の種類によって試験内容も異なっており、一級操縦士の免許取得が一番難しくなります。
また船舶免許は一度取得したら一生大丈夫というわけではなく、定期的に免許の更新を行う必要があります。
この更新を忘れてしまうと免許が無効になってしまうので、くれぐれも更新を忘れない事が大切です。

気になる費用

船

船舶免許はボートを運転する為に必要となる免許で免許の種類によって航行区域などが異なります。
海が好きな方やマリンスポーツを趣味としている方に人気です。
船舶免許には全ての水域を航行する事が出来る1級小型操縦士免許、航行の制限があるものの取得がしやすい2級小型操縦士免許、水上バイクを操縦したい方に必要な特殊小型操縦士免許があり、ボートスクールの講習後に試験を受けて取得をします。
独学で学科試験の勉強をされる方もいますが、実技試験の勉強はスクールで受ける方がほとんどです。
一般的にはスクールでの講習料は1級免許で7万円から12万円ほどのところが多く、国家試験を受ける為に27,700円かかります。
また、身体検査にかかる手数料が1,600円、登録免許税が2,000円、海事代理士手数料が2,000円必要です。
スクールの講習を取得する場合、平均的な金額で計算するとテキスト代などもプラスして費用は合計12万円から16万円ほどで1級小型船舶免許の取得が可能です。
1級小型船舶免許は航行区域の制限がない為、ヨットでの旅行なども可能です。
水上バイクの運転は出来ないので、水上バイクでの運転も希望される方は特殊小型操縦士免許を取得する必要があります。
特殊小型船舶免許を同時に取得するコースもスクールでは行われており、講習代と受験料を合わせて5万円から6万円ほど、申請費用が1,500円かかります。
マリンスポーツを気軽に楽しみたいという方は、2級小型操縦士免許を取得する方が多く、講習代と受験料や登録料などを合わせて10万円以内で取得する事が可能です。

スクールの申し込みと準備

男女

船舶免許はすぐに取得できるものではなく、準備を整えて申し込みからスタートする必要があります。
まず、免許を取る教室に通って勉強をしなくてはなりません。
ボートスクールと呼ばれる所もありますが、最近ではチェーンで営業している学び場も多いので、全国各地から通えます。
従来は電話で連絡するのが普通でしたが、最近ではインターネットからの申し込みも受け付けています。
ネットであれば、授業のスケジュールや書類の提出締め切りも載っていたりするので、下調べした上で連絡可能です。
大手の船舶免許スクールなら、住んでいる地域と取得したい免許の種類を選ぶだけで、すぐに日程と空き状況が分かります。
日程と同時にコースを選択する事になるため、志望する船舶免許のコースを選びましょう。
1級なら10万円弱、2級なら9万円前後くらいの料金になっています。
特殊小型は5万円前後で受けられるので、頭の隅に入れておくと良いでしょう。
申し込んだら、必要書類の準備をしましょう。
船舶免許のスクールなら、どこでも証明写真を撮影する必要があります。
普通に取れば良い訳ではなく、大きさなどの条件が決まっているので、規則にしっかりと従いましょう。
ちなみに、実技試験が免除される学科では、写真の枚数が増える事があります。
次に、住民票と委任状を用意して、専用の封筒に入れてポストに投函しましょう。
委任状は例外として2通送る場合もあるので、注意事項はよく読んでおいて下さい。
最後に記載漏れをチェックする事を忘れないようにしましょう。