運転免許を取得する

自動車学校の選び方

男性

自動車運転免許を取得するためには、ほとんどの人が自動車学校に通います。
自動車学校に通うことで実技試験が免除されますので、合格できる可能性が高いからです。
しかし、自動車学校の授業料は高いですし、免許証取得するまでには数か月以上かかるのが一般的です。
時間がない社会人であれば、夜間や土日しか自動車学校に通うことができないので仕方ありませんが、時間がある学生の場合には自動車学校で一つずつ科目をこなしていくのは時間がかかって仕方ありません。
そのような場合に、短期間で格安に自動車学校を卒業できるのが合宿免許です。
合宿免許であれば、平日の空いている時間帯に集中的に入ることができるため、短期間でクリアすることができます。
特に、実技が苦手な人の場合には、集中的に何度も授業を受けた方が合格しやすくなります。
また、合宿免許は自動車学校が暇な時間帯を活用しているため、格安で通うことができます。
合宿免許ですから宿泊代や食事代が必要になりますが、それらを含めても費用は格安で抑えることができます。
合宿免許はそれぞれの自動車学校でプランを作成していますので、インターネットなどで申し込むことができます。
基本的には遠く離れた地方の自動車学校で行っていることが多いので、希望する地域で格安プランのものを選ぶことが大切です。
せっかくの機会ですから、めったに行く機会がないような場所を選んでもいいかもしれません。
通常の通いの自動車学校に比べると、数万円以上違います。

合宿先の選び方

男性

「格安で合宿免許をとる」というサービスは数多くありますが、その多くは免許を取るだけでいえば条件を満たしているので適当なサービスを選んだ結果、免許が取れなかったという事はありません。
ですから合宿免許を選択する際に選ぶポイントとして重要なのが合宿免許の料金プランです。
格安と銘売っていても実はさほど安くない合宿免許というのもありますし、逆に早期申込みやグループ利用、女性の利用については割引を行うという料金プランもあるので格安で抑えたいというのであればしっかりとこの点について確認しておくことが大切です。
また多くの合宿免許は交通費と食費が含まれた料金となっていますが格安合宿の場合、現地に行くまでの交通費や現地での食費について支払いが行われない、対応しないと言った場合もあります。
基本的に交通費が支払われるほうがお得ですが、この場合でも工夫次第でいくらでも費用を抑えられるのであえてこういったサービスを利用するのも一つの手です。
単純な価格の安さだけではなく、こういった細かな条件についても吟味した上で申込みをするようにしましょう。
また料金プランだけではなく、宿泊施設の立地、設備、部屋や食事なども確認しておくことが大切です。
合宿に行って宿泊地の立地が悪い、設備が悪いとなると非常に生活しにくいですし、食事がでる場合はアレルギーや好き嫌いに対応できるかや食事の時間についても確認することを忘れてはいけません。

早めの手配がおすすめ

初心者マーク

格安の費用で運転免許を取得したい人におすすめなのが、合宿免許です。
自動車学校に通いながら取得する方法と比べて、合宿免許はカリキュラムが無駄無く組まれており、短期間で自動車学校を卒業することができます。
AT車であれば2週間ほど、MT車であれば、20日前後で卒業することが可能です。
日程的に短期間で卒業できること以外に、合宿免許は費用も通学方式に比べると格安であることが多いです。
教習費用の他に宿泊費や食費も含まれており、自動車学校によっては往復の交通費も支給してくれるところがあります。
合宿免許は前述したように、2週間から3週間の間を宿泊しながら過ごすこととなるため、出かける場所を決める際には自分の行ってみたい地域の自動車学校を選ぶのがコツです。
教習は無駄なくスケジューリングされていますが、それでも週に1度くらいは休日があるため、付近の観光などに出かけることができます。
また、自動車学校によって人気の高いところとそうでないところがあり、特に繁忙期である2月から3月、7月から9月に人気の高い場所に出かけようと思うのであれば、なるべく早く予約をする必要があります。
繁忙期であっても、料金は小刻みに変動していることが多く、数日違うだけで数万円違ってくる場合がありますので、格安の料金に抑えたいのであれば、出発日の選定も大切なポイントとなります。
料金を格安に抑えるためのコツとして、宿泊施設を相部屋希望にするのも1つのポイントです。
一人部屋の場合は追加料金がかかることが多いためです。